ギャンブルを描いた有名な芸術作品

ギャンブルは、文明の誕生以来、人類のお気に入りの娯楽の1つであるため、芸術に痕跡を残したのは当然のことと言えるでしょう。世界中のアーティストがギャンブルに感動し、ギャンブルをお気に入りのモチーフの1つとして受け入れています。これから、ギャンブルの明るい面と暗い面を描いた最も有名な芸術作品を紹介します。

トランプ詐欺師 — カラヴァッジョ

最も有名なアーティストの1人であるミケランジェロメリシダカラヴァッジョは、ギャンブルに強く影響を受け、「トランプ詐欺師」を描きました。この16世紀の作品は、トランプをしている2人の男の子を描いています。余分なカードを自らの背中に忍ばせているトランプ詐欺師によって、裕福そうな恰好をしている少年が騙されそうになっています。この古典的な絵画は、当時のイタリアのギャンブルの空気を描いています。これは、ギャンブルがどれほど緊張感があり、トリッキーであるかを正確に示している素晴らしい絵と言えます。

モンテカルロのルーレットテーブル — エドヴァルドムンク

ムンクはカジノの大ファンであり、カジノは彼の芸術に大きな影響を与えました。彼はニースに滞在中にモンテカルロカジノへ定期的に通っており、この経験から本作「モンテカルロのルーレットテーブル」がインスパイアされたと言われています。彼はこのテーマで3枚の絵を描いています。

カードゲームをめぐる議論 — ヤンステーン

「カードゲームをめぐる議論」は、優れたバロック風俗画です。この作品は、17世紀後半にオランダの巨匠ヤンステーンによって描かれました。彼自身と作品は、トランプ詐欺師やカラヴァッジョほど有名ではないかもしれませんが、この作品はバロック様式のハイライトの1つと言えます。

この絵の見どころは、強い感情の描写です。この作品を見れば、熱狂的なカードゲームやギャンブルの中にある大喧嘩と沸騰する感情を見ることができるでしょう。

喪失や不正行為によって引き起こされた怒りや欲求不満という、負の感情のピークを描いているのです。これらの感情は良いものではありませんが、正常な感情です。彼は自身の芸術的表現を通して、見る人にそれらの感情を体験させるでしょう。

カード遊びをする人々 — ポールセザンヌ

本作を通して、19世紀後半、正確には19世紀最後の10年へとタイムトラベルしましょう。ギャンブルを描いたポールセザンヌの有名な絵画に言及せずに、ギャンブルの芸術作品のリストを完成させることはできません。

セザンヌは、飲酒、散歩、社交、トランプなどの日常的な活動を行う一般の人々の表現や感情を捉えることに焦点を当てた一連の絵画を作成しました。今お話ししている芸術作品は、ポールセザンヌの最も有名なギャンブル作品、「カード遊びをする人々」です。

キャンバスには、2人の男性がバーのテーブルに座ってトランプをしているのが見えます。セザンヌはフランス人の描写で有名です。この瞬間は、美しくリラックスした方法でありふれた活動を捉えています。2人の男性がトランプをし、特別なことは何もせず、のんびりとした時間を楽しんで、平和で幸せな生活を送っています。

ポーカーをする犬 — カシアスマーセラスクーリッジ

ギャンブルと芸術について話すとき、多くの人の頭の中で最初に考えられるのは、カシアスマーセラスクーリッジの「ポーカーをする犬」です。この1903年の絵画は、単一の作品ではなく、人間の活動をしている犬を描いた一連の16枚の絵画群です。この絵では、20世紀の男性に人気だった葉巻やポーカーなどを犬が行っています。

ギャンブルやカードゲームを描いたこの芸術作品の一覧に感銘を受けましたか?今度ギャラリーに行くと、これらの絵の1つを見ることができるかもしれません。

Liked Liked